借入・資金繰りでお困りのお客様へ

経験とノウハウをもとに借入と資金繰りのアドバイス

借入・資金繰り

経営は、いつも順風満帆とは限りません。時には、売上が思うように伸びずに赤字になることもあったり、大きな投資をするために資金が必要になったり。
そんな時に必要なのが、借入であったり、資金繰りのご相談ですね。
中小企業の資金調達アドバイスで、100件以上、10億円以上の資金調達のアドバイスのあるアイアンドエス税理士法人にご相談ください。

世の中のほとんどの税理士は、自ら事業性の借入金をしたことがないといわれています。
なぜなら借り入れをしない範囲でビジネスを行うことが可能だからです。
それでは、資金繰りで悩む中小企業の経営者の真の気持ちはわからないと思い、弊社では成長のための先行投資を行い、実際に借入による資金調達を行っています。
その中で、得られた経験とノウハウをもとに、借入と資金繰りのアドバイスを行っていきます。

また、資金繰りが厳しくなった時の金融機関との交渉、条件変更(リスケジュール)などのご相談にも応じております。
一人で悩まないで、早めにご相談ください。

業務内容

  • 資金繰り表の作成による必要資金の算出
  • 借入時に必要となる事業計画書の作成
  • 日本政策金融公庫をはじめ、資金調達の内容に合わせた最適な金融機関の選定アドバイス
  • 金融機関との面談シミュレーション
  • 金融機関との面談同席
  • 条件変更の申し込みに関するアドバイス
  • 条件変更時の事業計画書の作成アドバイス
  • 納税資金が足りないときの税金の分割納税のアドバイス

数多くの金融機関と提携

日本政策金融公庫をはじめ、宮城県内外の多くの銀行と提携をしております
お客様の事業、資金使途に合わせて、より適した銀行を紹介することが可能です。

金融ブローカー、借入コンサルタントにご注意を

国会議員を知っている、元銀行出身と名乗る借入コンサルタントに頼んだら、手付金を取られたけど、借り入れができなかった。
借り入れはできたけど、10%もの手数料を請求されたなどなど、被害が後を絶たないようです。
借り入れができたのはその人のおかげではなくて、もともとできる会社だったのです。
借り入れの相談は、適切な方にアドバイスを求めましょう。

相談無料! お気軽にご相談ください。
ページ最上部へ