もっと税金を低く抑える方法を探している方へ

100万円の節税は2000万円の売上増加と同じ効果って本当?

税金を低く抑える

経営をしていると気になるのがコストの削減、経営をしていく中で納める税金もコストの一つです。
可能であれば、税金コストを少しでも抑えたいと思うのがすべての経営者に共通する気持ちでしょう。
税金に関する処理は、その取引の解釈一つで変わることもありますし、税制は毎年変わるので、新しい税制をいち早くキャッチし、対策をとることでできる節税もあるのです。

また、税金を抑えながら、経営者や従業員の将来の退職金の準備をしたり、万が一の事業リスクに備える準備資金を確保することも可能です。

もしも、今の確定申告の内容で十分な節税ができていないと感じた場合は、ご遠慮なくご相談ください。

業務内容

  • 現在の申告内容に節税ポイントがあるかどうかのチェック
  • 役員報酬と会社の利益の最適化による節税提案
  • 役員報酬と社会保険料の最適化による節税及び社会保険料の削減アドバイス
  • 役員報酬と年金受取額の最適化による節税と年金受取額の最大化アドバイス
  • 法人税率の差を利用した利益の繰り延べによる節税アドバイス
  • 生命保険を活用した利益の繰り延べと将来のリスクへの準備アドバイス

節税対策の一例

  • 役員に支払った賞与を損金にする方法
  • 家賃の1年間前払い
  • 決算期の変更
  • 経営セーフティ共済
  • 小規模企業共済
相談無料! お気軽にご相談ください。
ページ最上部へ